So-net無料ブログ作成

【パンヤBGM演奏】frogを弾いてみた [パンヤ二次創作]

凄まじく久しぶりですが、パンヤBGMの新作を録音したので公開します。

frog ~ Welcome to Pangya Island!
(使用楽器:ヤマハエレクトーンEL-900 演奏時間:7:40)

9月下旬になって、ひょんなことから念願だったヤマハエレクトーンEL-900を入手
しました。以後、「とにかく900らしい曲を!」と考えながらアレンジして仕上がった
のがこの曲です。
詳しくは補足で詳しく書きますが、900ならではの「リードボイスとリード分離の
同時使用」「900のみのリズム楽器の使用」「900で大幅に音質が改善された、
あるいは追加された音色の使用」を意識して行いました。その甲斐あってか、
僕にしては珍しく華やかなサウンドに仕上がっていると思います。

今回は久しぶりにパンヤのBGMのアレンジ・・・のはずだったんですが、気付けば
原曲の面影を残しているのはAメロの最初のフレーズとコード進行のみ。残りは
全てオリジナル要素なので、実質「パンヤのBGMをモチーフに作曲しました」と
言った方が近い気がします(笑)。



以下、補足です。今回はたくさんありますぞー(邪笑)。

[アレンジに込めた想い]
この曲で表現しようと思ったのは、新たにパンヤ島に招待された人たちに対して
開かれる「歓迎の宴」です。そうですね、ロロやキューマが住んでいるリベラ村で
行われるお祭りをイメージしていただければと思います。そんなわけで、サブ
タイトルは今回は単純に「パンヤ島へようこそ!」に落ち着きました(笑)。

今回のアレンジはとにかく華やかさを盛り込もうという目標があり、いつになく
全編を通じて目立つ楽器を多く使いました。その代表格であるAメロの
コルネットはピピンが、ハーモニカのアドリブはロロがそれぞれ演奏している
イメージでアレンジしています。まさに「パンヤキャラ総出」での歓迎会の情景を
表現してみたかったんですよね(なお、イントロのヴァイオリンはアリンです)。

[アレンジのきっかけ]
意外に聞こえるかも知れませんが、この曲は当初、真面目にアレンジ・録音を
行う気はこれっぽっちもありませんでした(爆)。コードやAメロが単純だった
ために、「次に何を弾こうかな・・・」と思ってエレクトーンを爪弾いていた際に
最初に思い出せて、そのまま何となくEL-87で弾いていたというのが正直な
ところです(笑)。

それが、EL-900の入手で一気に状況が変わりました。曲を仕上げるに当たって
自分のしたいことがかなりできるようになり、モチベーションが上がったこと。
そして何より、新しいエレクトーンを置くために部屋の模様替えをせざるを得なく
なり、その際に昔入手していたパンヤの「ビジュアルブック」を発掘したことが
決定打となりました。

このビジュアルブックには、巻末にSeeDさん(パンヤのキャラクターイラストを
担当していたイラストレーターで、少し前に亡くなってしまいました)の追悼
ページがありました。それを目にして、

「そうだ、SeeDさんはきっと、パンヤ島に行ったはずだ!」
(※パンヤ島に関する僕の考え方は小説類をご覧ください)

という考えが脳裏に浮かんだんです。

僕がパンヤに惹かれ、プレイを始めるに当たっては、BGMと並んで魅力的な
キャラクターのイラストの存在が大きかったのは事実です。つまりそれは、
僕が今こうしてパンヤと関わっているのは、SeeDさんがいたお蔭であるとも
言えるわけです。
恩返し・・・というのはおこがましいというのは自分でも分かっているんですが、
この曲はSeeDさんに捧げるレクイエムでもあるつもりで演奏しました。

もし、SeeDさんがパンヤ島に招待されたとしたら。リベラ村を訪れて、歓迎の
宴に招かれたなら。・・・聴いてくださる方がその情景を想像してくれたなら、
僕にとってこれ以上の幸せはありません。

[音色について]
前述の通り、今回のコンセプトは「900の特色を活かして、できるだけ華やかな
音色を厚く使用する!」でした。具体的には、
★900で新たに搭載された音色の使用
 Strings7(全編)・Sax Ensem.2・Cosmic14
★900で大幅に音質が改善された音色の使用
 Violin1・Celeste・Harmonica2・Bell
★900のみの機能を使ってのボイスエディット
 Trumpet3
★900で新たに搭載されたリズム楽器の使用
 Windbell1&2・Bell・Timbales2H&L・Timbale3H・Fingersnap
を始め、どのセクションを取っても今までになく様々な音色を組み合わせて
厚い音を心掛けました。コルネット、サックス、ハーモニカのどれを取っても
「隠し味」となる音色を入れてあります(笑)。

あ、そう言えば今回はエレクトリックピアノが使われていませんね。これも
僕のアレンジでは極めて珍しいです(大笑)。

[リード分離について]
今回はイントロのベルとサビのストリングスのオブリガードはリード分離で
後から入れています。前回の『主よ、人の望みの喜びよ』でも思いましたが、
ベルを入れるだけでかなり曲が引き締まる気がしますね。

ちなみに、当初はこの倍以上色々な音色(チェロも候補にありました)を
入れるつもりだったんですが、あまりゴチャゴチャするのもイヤだなあと
思って大幅に削ったという経緯があったりします。

[リズムについて]
パンヤのBGMシリーズでは「毎回違うリズムを使ってアレンジをする」という
(自分の中での)目標がありまして、今回は「ハウス」に挑戦してみました。
・・・ハウスの定義は? なんて訊かれると困っちゃうんですが(爆)、一時期
かなり好きでよく聞いていたMezzoforteの『Garden Party』の影響を受けて
いるのは間違いないです。ちなみにACCはSamba1のType2&4です。

ティンバレスは昔のアレンジで数回使ったことがありましたが、アゴゴを
使ったのは今回が初めてです。アゴゴで物凄く印象に残っているのが
T-SQUAREの『DAISY FIELD』でして、その記憶もリズムを組む際に
投影されていたと思いますね。

[今回のTranspose]
今回の曲を聴いて、「何だかピアノの和音が低い音だな」と思った方、正解
です(笑)。今回は(これも恐らく初の)-5からスタートし、途中で2回の転調を
経て-3まで上がるTransposeになっています。

どうしてこの高さになったかですが、これも前述のT-SQUAREの『beyond the
dawn』という曲のピアノのバッキングに感銘を受けたからですね。もちろん、
華やかな音色は高音で耳障りになりがちというのもありまして、低めの
調を選んだという理由もあります。

[苦労したところ]
最後に、今回の演奏で苦労したところについていくつか。

★イントロのヴァイオリンの部分は、右手で上鍵盤を押さえたまま下鍵盤を
弾く、いわゆる「上下鍵盤同時弾き」を行っているんですが、ここが一番
難しかったですね。さらっと聴くと2回に分けて弾いているように聞こえるかも
知れませんが、ベルとオブリガードのストリングス以外は「一発弾き」だったり
します(笑)。

・・・もちろんこの「上下(ry」はコルネットのメロディーはおろか、サックスの
サビやハーモニカのアドリブのときも隙を見て入れています。もうここまで
くると半分以上無意識の産物ですね(大笑)。

★アドリブ部分が技術的に難しくて結構辛かった覚えがあります。特に
ハーモニカの前の部分のセレステ+シロフォン+コズミックのパッセージは
恐ろしく細かくて、一番神経を使いましたね(ちなみに、この音色のことを
僕自身は"Magical Piano"と呼んでます(笑))。

★リズムに使える楽器数が最大16であったため、フィルインをどう入れるか
散々苦労したことが一番印象に残っています。例えば、コルネットが入って
くるAメロで既に
 Bass Drum(Heavy)
 Hand Clap
 Snare Drum(Light)
 Hi-hat Cymbal(Close,Open)
 Triangle(Close,Open)
 Agogo(High,Low)
 Shaker
 Conga(Slap,High,Low)
の13種を使っているので、ここにフィルインでTimbalesが2種入ったりすると
身動きが取れなくなっちゃいます(爆)。なるべく不自然に聞こえないよう色々と
工夫をしてみたつもりなんですが、そう聞こえていれば嬉しいですね。

★録音した後に気付きましたが、今回はバスドラムがバランスの関係かちょっと
音が小さくて、ショボいスピーカーで聴くとなんだか締まらないサウンドになって
しまっていますね。微妙だなーと思った場合は、ヘッドフォンだといいバランスで
聴けると思いますのでお試しあれ。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スカッとゴルフ パンヤ

nice! 0

コメント 2

imokunn

はじめまして♪ いつもラガーさんのパンヤBGMを楽しく聞きながらパンヤしてます^^   これからも色々と新曲を楽しみにしてますので、頑張ってください。 
by imokunn (2012-11-16 19:06) 

ラガーディナ

こちらこそ初めまして。そして、ありがたいお言葉をありがとう
ございます。エレクトーンで弾いてみたい曲はまだまだあります
ので、新機種も手に入れたことですし、これからも引き続き
(亀の歩みではありますが)活動は継続していきたいと思います。
また気が向いた際にでもお立ち寄りください。お待ちしています!


by ラガーディナ (2012-11-18 23:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。